実話



マジであった実話。これは文章では怖くないので、あなたは「体験者」になった気分で。

俺はいよいよ彼女と同居することにした。
不動産屋に行くと、とてつもなく安い2LDKのマンションが、日を改めそこを下見。
めっちゃいいとこだった、日当たりもいいし壁床きれいだし欠陥なんか見当たらないし。

そしてそこに住む事にした。最初の1週間はなんともなかった。だが、彼女のとったある行動ですべてが変わった。

彼女「なんだろこれ〜〜」
俺「なになに〜」
彼女がもっていたのは御札だった。

彼女「・・・御札?」その瞬間、どこからともなく、すんごい冷たい風が吹き、ありえないほど鳥肌が立った。
俺「ちょ、ちょっと戻しとこうか?」そう言ってまた軽くのり付けして貼った。

その家は、玄関を真っ直ぐ行くとリビングなのだが、その途中にトイレがある。
その夜、彼女は寝ていて、俺はパソコンの自分お気に入りのサイトを見て回ったりしていた。
玄関からノック。

時刻は11時を回っていただろう。俺は軽く居留守を使った。
「トントン!」
「トントントン」
しつこいな〜と思いながらもシカト。鳴り止んだ。


と油断した瞬間!「バンバンバンドォンドォン!!!!!」めっちゃ大きいノックがした。
それを耐え抜いたらまた鳴り止んだ。


誰だよとか思いつつまたPCをやる。

その瞬間、鍵が開けられ、「バタン!!!!」すごい勢いでドアが開いた!「んん!!??」と思った瞬間
冷たい風が吹いてきた、なんか嫌な感じがした。後ろを向いては行けないという感情が芽生えた。
ふと恐怖に怯えながらも横にあった鏡を見てしまった。そしたら玄関に貞子のような髪の長い着物の女が!

玄関から俺の居るリビングまで一直線なので見える、そっから歩いてきた!俺はその鏡を遠くに蹴飛ばす。
足音がどんどん迫ってくる。勇気を持って後ろを振り向いたら居なかった。その瞬間鳥肌も収まった。
よくよく考えれば、この後霊がまじかに現れるシュチュエーションが多いがそんなこと考えてる暇はない。

安心してパソコンを消して寝ようとしてパソコンに向かった瞬間、ヤフーの検索ランに「呪う」という文字が勝手に打たれた。
机の下を見てみると、髪の長い女が正座してこちらを見ていた。
気がついたらその体勢で目を覚ました。俺は彼女に話、その家を後にした。

これマジ!




戻る



このページのURL
hr
友達に教える

ゾッとした話