残したノート



今現在恐い話。

リアの頃から仲良しで、10年近くずっと一緒に同人していた友Aが交通事故で亡くなった。
夜中に車運転して、カーブ曲がりきれずに壁に激突。ほぼ即死だった。

四十九日過ぎた頃、Aのお母さんから連絡あって、「Aの部屋を整理してたらこれがあった」と、一通の茶封筒を渡された。
封筒の表に『○(私)へ』と書かれてた。

綺麗に封がされてて、家に帰って開けてみると、中には100均にあるようなノートが1冊入ってた。
最初の数ページを見ても何も書かれてなくて、何だろう?って思ってたら、
ノートのほぼ真ん中に1行だけ、『自分が死んだら○も死にますように』って。

1字1字丁寧に、凄く力を入れてボールペンで書かれてた。
見た瞬間、血の気が引いた。

恐くてどうしていいのかわからなくて、よく因縁のあるのはお寺で供養、とかあるけど、それもどうすれば(どこのお寺に行けばいいのかとか)わからなくて、それ以前にこのノートを持ってるのが恐くて、すぐに破いて気休めの塩をかけて燃やしてしまった。

リアの頃からAは時々「ずっと一緒にいたい」とか、
「○(私)が他の人と仲良くしてると無性に腹が立つ」とか言ってた。
冗談ぽく言ってたから特に気にしてなかった。

本当は何の意味も無い言葉だったのかもしれないけど、今は凄く恐い。
そもそも、あの日、何でAは夜中に一人で車運転してたんだろ。どこに行くつもりだったんだろう。
未だにAのお墓参りに行けない。

周りの人には言えないんでここに吐き出しました。




戻る



このページのURL
hr
友達に教える

ゾッとした話